カテゴリ:美術館・博物館( 56 )

ターナー展 @損保ジャパン日本興亜美術館

チケットをいただいたので

イギリス風景画の巨匠ターナー展を観に行ってきました。

穏やかな田園風景、嵐の海、そびえたつ山岳など

自然の様々な表情を優れた技法で表現したターナー。




a0180279_12182431.jpg



以下ポストカードよりお借りしました。

≪コールトン・ヒルから見たエディンバラ≫


a0180279_12203894.jpg



≪ヨークシャーのカーリー・ホール、家路につく牡鹿狩りの人々≫


a0180279_12305217.jpg


≪タインマウス小修道院≫


a0180279_12341069.jpg


≪風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様≫


a0180279_12370118.jpg


≪ノイハウスの船着場から見たトゥーン湖、スイス≫


a0180279_12391835.jpg



本展覧会はターナーの水彩、油彩、版画作品約120点を

「地誌的風景画」「海景ー海洋国家に生きて」

「イタリアー古代への憧れ」「山岳ーあらたな景観美をさがして」

という4つの章で紹介しその核心と魅力に迫っています。


ご興味のある方は7月1日まで開催していますので是非どうぞ!



[PR]
by siimama | 2018-05-07 12:59 | 美術館・博物館 | Comments(0)

生誕150年 横山大観展

先月21日

東京国立近代美術館で

生誕150周年『横山大観展』を観てきました。




a0180279_22360934.jpg




オール大観。

代表作を網羅した10年ぶりの生誕記念大回顧展です。


a0180279_22365163.jpg



≪白衣観音≫1908年


a0180279_22373183.jpg



≪霊峰十趣・山≫1920年


a0180279_22411031.jpg



≪群青富士≫1917年頃


a0180279_22431850.jpg


≪ある日の太平洋≫1952年


a0180279_10004583.jpg



≪山に因む十題のうち乾坤輝く≫1940年


a0180279_10011708.jpg



≪霊峰十趣のうち秋≫1920年



a0180279_10014973.jpg



本展では大いなる冒険心と遊び心をあわせ持っていた大観の

若かりし頃にも注目し

約90点の作品を紹介していました。



ご興味のある方は是非お出かけくださいませ。

[PR]
by siimama | 2018-05-05 23:11 | 美術館・博物館

ルドンー秘密の花園 @三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で開催中の

オディロン・ルドン(1840-1916)を観てきました。

出品作およそ90点。




a0180279_16470165.jpg





a0180279_16473391.jpg





a0180279_16483167.jpg



当館が所蔵する最大級のパステル画≪グラン・ブーケ(大きな花束)≫は圧巻でした。


a0180279_16491274.jpg


≪日本風の花瓶≫


a0180279_16550500.jpg


<今回の見どころ>

☆最大級のパステル画と共にドムシー男爵家の食堂を飾った

オルセー美術館所蔵の15点が一堂に揃っています。

☆ルドンが描いた花や植物に焦点を当てた世界で初めての展覧会

☆オルセー美術館、ニューヨーク近代美術館MoMAをはじめとする

世界各地の美術館からルドンの作品が集結

ご興味のおありの方は是非どうぞ!


[PR]
by siimama | 2018-04-10 17:11 | 美術館・博物館

三菱一号館美術館でロートレックを鑑賞

友人からチケットをいただいたので

三菱一号館美術館に行ってきました。




a0180279_14475728.jpg



19世紀末パリ、版画は新たな芸術表現となり

ロートレックや前衛芸術家たちによって

絵画と同じ芸術の域まで高められ

それらを収集する愛好家も現れました。

本展では貴重な19世紀末版画コレクションから

リトグラフ・ポスター等を中心に油彩・挿絵本等を加えた

計約140点が展示されていました。

以下のポスターは撮影が許可されていたものです。




a0180279_15025184.jpg



a0180279_15033329.jpg



a0180279_15040867.jpg



a0180279_15044647.jpg



a0180279_15052612.jpg



a0180279_15055432.jpg



a0180279_15071853.jpg



a0180279_15080632.jpg



a0180279_15084890.jpg



a0180279_15104300.jpg



a0180279_15112110.jpg


[PR]
by siimama | 2018-01-12 15:16 | 美術館・博物館

平山郁夫シルクロードコレクション展

横浜そごう美術館で

平山郁夫シルクロードコレクション展を

観てきました。




a0180279_22375287.jpg




日本画壇の巨星、日本美術院の理事長を永く務め

日本美術界のみならず世界の文化財保護に力を注いだ

平山郁夫(1930~2009)


a0180279_22384318.jpg



図録


a0180279_22392560.jpg



15歳の時の広島での被爆体験をもとに

死と向き合いつつ描いた≪仏教伝来≫が注目されて以降

日本文化の源流を求めてシルクロードを歩き出しました。

平山夫妻のシルクロードの旅は

1968年から始まり以後40年に渡り続くこととなりました。


a0180279_22404526.jpg





a0180279_22412318.jpg



本展では平山郁夫が描いたシルクロードの旅の足跡

バーミヤンの大石仏破壊前後の絵画や

妻美知子氏と共に各国で収集した

高価な金銀装身具などの工芸品と貴重な織物等約170点を展示。

迫力のある大きな絵はその中でも圧巻でした。


[PR]
by siimama | 2017-12-06 23:20 | 美術館・博物館

狩野元信展 サントリー美術館

3日文化の日

六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階で

『狩野元信展』を観てきました。




a0180279_21293518.jpg



狩野元信は、室町時代より画壇の中心を担ってきた

狩野派の二代目です。

父・正信は中国絵画を規範とする漢画系の絵師でしたが

元信はさらにレパートリーを広げ、濃淡の絵巻

扇絵、風俗画などにも積極的に乗り出していきました。



パンフレットより
≪酒伝童子絵巻≫

a0180279_21380114.jpg



≪四季花鳥図≫

a0180279_21383650.jpg



ミッドタウンの周りも紅葉していました。


a0180279_21432341.jpg



ミッドタウン3階『錦繍』でランチしてきました。

a0180279_21441217.jpg


ごちそうさま~


[PR]
by siimama | 2017-11-05 21:56 | 美術館・博物館

生誕120年 東郷青児展

一日(日)

損保ジャパン日本興亜美術館で

開催中の『生誕120年東郷青児展』に行ってきました。

初公開のプライベートコレクションを含む

貴重な作品を全国から集めた特別回顧展です。




a0180279_16263441.jpg



美術館は、こちらのビルの42階にあります。


a0180279_16271547.jpg



↓はパンフレットから


a0180279_16275161.jpg





a0180279_16282373.jpg



こちらはポストカードからです。


a0180279_16285881.jpg





a0180279_16292809.jpg





a0180279_16300794.jpg





a0180279_16304955.jpg





日本で初めて「未来派風」と呼ばれた前衛的絵画から

戦後に広く親しまれた女性像まで「東郷様式」と呼ばれるスタイルが

どのように作られたかをひもといています。

たっぷりと目の保養ができた秋の一日でした。


[PR]
by siimama | 2017-10-03 16:49 | 美術館・博物館

ボストン美術館の至宝展 @東京都美術館

8月27日、東京都美術館で開催中の

『ボストン美術館の至宝展』を観に行ってきました。




a0180279_15363934.jpg





a0180279_15404152.jpg
トン



世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要部門から

選りすぐった古今東西の珠玉の80点が展示されています。


a0180279_15411666.jpg





a0180279_15414723.jpg



図録


a0180279_15422483.jpg





a0180279_15431725.jpg



ジョン・シンガー・サージェント

≪フィスク・ウォレン夫人と娘レイチェル≫


a0180279_15445371.jpg



クロード・モネ

≪睡蓮≫


a0180279_15453575.jpg



フィンセント・ファン・ゴッホ

≪郵便配達人ジョセフ・ルーラン夫妻≫

今回は夫妻そろって日本へ。


a0180279_15571284.jpg





a0180279_15582771.jpg



英一蝶

≪涅槃図≫

およそ縦2・9メートル、横1・7メートルの大きさゆえに

ほとんど展示されなかった大作が

約170年ぶりに本格的な修理を経て初の里帰りです。


a0180279_16083855.jpg




10月9日まで開催されていますので

ご興味がおありの方は是非、お出掛けください。


[PR]
by siimama | 2017-09-01 16:23 | 美術館・博物館

川端龍子ー超ド級の日本画ー @山種美術館

8月12日、山種美術館に

没後50年記念 川端龍子(かわばたりゅうし)を観に行ってきました。



a0180279_16264775.jpg





a0180279_16273280.jpg



パンフレット

a0180279_16283731.jpg



図録

a0180279_16292513.jpg



館内ではこちらの『八つ橋』のみ撮影OKでした。


a0180279_16363794.jpg




日本画としては、迫力に満ちスケールの大きな龍子作品は

発表当時、「昭和の狩野永徳」とも評され

大正から昭和前期の画壇に旋風を巻き起こしたそうです。

本展の見どころは

初期から晩年に至る代表作約60点の出品。

展覧会場で多くの人々が鑑賞できるダイナミックな大作は圧巻。

俳句と家庭をこよなく愛す知られざる龍子像が伝わる作品を初公開。





[PR]
by siimama | 2017-08-31 16:56 | 美術館・博物館

ミュシャ展 @国立新美術館

昨日、ミュシャ展を観に国立新美術館に行ってきました。

混雑を承知で行きましたが

案の定長蛇の列で2時間ぐらい並んだでしょうか。




a0180279_14382514.jpg



今回の超大作≪スラヴ叙事詩≫全20作

チェコ国外では世界初公開。

土日のディズニーランドのようです(汗)


a0180279_14390880.jpg



公式図録


a0180279_14413969.jpg



アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、ミュシャ(1860-1939)は

モラヴィア(現在のチェコ共和国)に生まれ27歳でパリに渡って活躍。

晩年のミュシャが故郷に戻り約16年を捧げた渾身の作品が

≪スラヴ叙事詩≫です。


a0180279_14431389.jpg



約縦6メートル、横8メートルに及ぶ圧倒的な大きさで描かれた20点の作品群は

ミュシャ史上最大にして最高傑作です。


a0180279_14440574.jpg



≪スラヴ叙事詩≫のうち5枚だけ撮影可能でした

<イヴァンチツェの兄弟団学校>


a0180279_14473017.jpg



<スラヴ民族の賛歌>


a0180279_14524816.jpg



<スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い>


a0180279_14561585.jpg



<聖アトス山>


a0180279_15031431.jpg



<ロシアの農奴制廃止>

a0180279_15064690.jpg




1895年、パリ演劇界を代表する大女優サラ・ベルナールが主演する

「ジスモンダ」のポスターを手掛けたことにより一躍脚光を浴びました。


a0180279_15161375.jpg





a0180279_15173531.jpg




a0180279_15165944.jpg








疲れましたが、これだけのものは二度と観れないかもしれないので

きりきりで行けて良かったです。

[PR]
by siimama | 2017-06-04 16:00 | 美術館・博物館 | Comments(2)