タグ:国立新美術館 ( 6 ) タグの人気記事

草間弥生(わが永遠の魂)@国立新美術館


19日、開催中の

草間弥生(わが永遠の魂)展に行ってきました。




a0180279_12465787.jpg





a0180279_12483025.jpg




外の木々もおしゃれ♪



a0180279_12495726.jpg





a0180279_12514441.jpg




この空間のみスマホOKでした。

高さ5メートルの壁を埋め尽くす絵画群。

2009年から取り組む連作「わが永遠の魂」の

約130点には圧倒されました。




a0180279_12525401.jpg



多くが2メートル角の大作。


a0180279_12553623.jpg


鮮やかな色彩に人の顔、目

そしてアメーバのような形状が描かれています。

a0180279_12562119.jpg





a0180279_12572764.jpg





a0180279_12585464.jpg





a0180279_13003593.jpg





a0180279_13013336.jpg





a0180279_12594555.jpg



草間弥生さんにしては珍しい

モノトーンの絵。

a0180279_13025867.jpg




グッズいろいろ。



<図録>

a0180279_13051974.jpg



<クリアファイル・メモブロック・お菓子>

a0180279_13055384.jpg



<記念号外・チケット>

a0180279_13064107.jpg



<てぬぐい>

a0180279_13074389.jpg



この日は予想外の混雑で

チケット売り場も

グッズ売り場も長蛇の列でした~(汗)

ご興味のある方は是非観に行かれてはいかがでしょう。


[PR]
by siimama | 2017-03-21 13:37 | 美術館・博物館 | Comments(2)

『ダリ展』

先日、国立新美術館で開催されている
『ダリ展』を観に行ってきました。



a0180279_16531488.jpg






a0180279_16541038.jpg




図録



a0180279_16545270.jpg




スペインが生んだ鬼才
サルバドール・ダリ(1904-1989)

20世紀美術を代表する芸術家として
幅広い世代に人気があります。

我が国では約10年振りの回顧展となり
世界の3つの主要なダリ・コレクションに加え
日本国内からの重要作品が揃っています。

油彩のほかドローイング、オブジェ、ジュエリー、書籍、映像など
約250点の作品で構成する
日本では過去最大規模のダリ展です。



a0180279_16561798.jpg






a0180279_16565830.jpg






a0180279_16574684.jpg





a0180279_16584984.jpg




音声ガイドのナビゲーターは
ダリの大ファンという
竹中直人さん

ご興味がおありの方は是非どうぞ!


[PR]
by siimama | 2016-10-27 17:19 | 美術館・博物館

ルノワール展 @国立新美術館

今月22日までとなった『ルノワール展』
やっと観に行ってこれました。

やっぱり人気がありますね!
夏休み中だからでしょうか、行列になっていました。




a0180279_15103950.jpg





a0180279_15145230.jpg



世界でも有数のルノワール・コレクションを誇る
オルセー美術館とオランジュリー美術館が所蔵する
100点を超える絵画や彫刻、デッサン、パステル。

貴重な資料の数々で画家ルノワール(1841-1919)の全貌に迫っています。

写実的な初期の作品から、バラ色の裸婦を描いた晩年の大作まで
全10章を通して紹介されていました。


a0180279_15161794.jpg



今回のパンフレット


a0180279_15182506.jpg




≪アトリエで座るルノワール≫


a0180279_15212150.jpg




このたび、日本で初めて展示される
ルノワールの最高傑作
≪ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会≫
1876年

a0180279_15261292.jpg



≪ぶらんこ≫
1876年

a0180279_15321463.jpg



≪読書する少女≫
1874-1876年


a0180279_15412454.jpg



≪ピアノを弾く少女たち≫
1892年

a0180279_15445996.jpg


≪ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル≫
1897-1898年頃


a0180279_15483265.jpg



≪ジュリー・マネ≫あるいは≪猫を抱く子ども≫
1887年


a0180279_15540868.jpg


≪陽光のなかの裸婦≫
1876年頃


a0180279_15582496.jpg


≪浴女たち≫
1918-1919年


a0180279_16025805.jpg


≪ポール・ベラール夫人の肖像≫
1879年


a0180279_16061370.jpg


45年ぶりに揃って来日した

左:≪田舎のダンス≫1883年
右:≪都会のダンス≫1883年


a0180279_16100456.jpg


図録&チケット

a0180279_16154198.jpg

★写真は図録、パンフレットからお借りしました。


暑い中、涼しい美術館での絵の鑑賞は
身も心も癒されました~



[PR]
by siimama | 2016-08-18 16:42 | 美術館・博物館 | Comments(8)

ルーヴル美術館展 @国立新美術館

先日、ルーブル美術館展を観に国立新美術館に行ってきました。

今回は長期間開催されているのに、結構な人出でしたね・・・




a0180279_16525433.jpg



a0180279_16534144.jpg

こちらは買ってきた図録
表紙は待望の初来日、フェルメールの<天文学者>です。


a0180279_17052585.jpg

以下、買ってきたポストカードの一部より・・・


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
<鏡の前の女>


a0180279_17111888.jpg



ジョセフ=マリー・ヴィアン
<アモルを売る女>



a0180279_17164587.jpg


ヘンリー・シングルトン
<ヴァルシュタイン伯爵、姉マティルデとリンドルフ男爵>


a0180279_17195984.jpg


クエンティン・マセイス
<両替商とその妻>



a0180279_17265257.jpg


風俗画の歴史を一望する、初の本格的展覧会。

本展では16世紀初頭から19世紀半ばまでの約3世紀半にわたる

ヨーロッパ風俗画の展開をルーヴル美術館の珠玉の名画

約80点によって紹介しています。

6月1日(月)まで開催していますので

ご興味のある方は是非、足を運んでみては如何でしょうか?



[PR]
by siimama | 2015-04-26 18:01 | 美術館・博物館 | Comments(4)

オルセー美術館展@国立新美術館


先日、世界一有名な少年に逢いに行ってきました。


a0180279_15494240.jpg

a0180279_15500773.jpg

”印象派の殿堂”として知られるパリ・オルセー美術館から
珠玉の絵画84点が来日しています。


a0180279_15521991.jpg

テーマは”印象派の誕生”。
1874年の第1回印象派展開催から140年。

パリの美術界を騒然とさせた”新しい絵画”の誕生の衝撃が
ここ国立新美術館によみがえっています。

マネにはじまりモネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら
オルセー美術館の”顔”ともいうべき名画が集結していました。


以下ポストカードよりお借りしました。

ジャン=フランソワ・ミレー<晩鐘>

a0180279_15563880.jpg

エドガー・ドガ<バレエの舞台稽古>


a0180279_15573296.jpg

フレデリック・バジール<家族の集い>


a0180279_15582790.jpg

アレクサンドル・カバネル<ヴィーナスの誕生>


a0180279_15593112.jpg

オーギュスト・ルノワール<ダラス夫人>


a0180279_16000950.jpg

ギュスターヴ・カイユボット<床に鉋をかける人々>


a0180279_16010599.jpg

アンリ・ファンタン=ラトゥール<花瓶のキク>


a0180279_16013984.jpg

アルフレッド・シスレー<洪水の中の小船、ポール=マルリー>


a0180279_16022165.jpg

エドゥアール・マネ<笛を吹く少年>

みなさまもよくご存知の世界一有名な少年の登場です。


a0180279_16030189.jpg



この絵は館内でもひときわ輝いていました。
そして思ったよりすごく大きい絵でしたね。


                買ってきた図録

a0180279_16363191.jpg

a0180279_15533971.jpg
国立新美術館(六本木)にて
10月20日まで展示されています。
開館時間10:00~18:00 金曜日は20:00まで
休館日 火曜日
9/23,10/14は開館
9/24は休館

ご興味のあるかたは是非どうぞ♪

[PR]
by siimama | 2014-09-01 17:06 | 美術館・博物館 | Comments(12)

印象派を超えて点描の画家たち

昨日、六本木の国立新美術館で「印象派を超えて点描の画家たち」

ゴッホ、スーラーからモンドリアンまでを観てきました。

オランダのクレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心にしたものです。

a0180279_1559211.jpg

黒川紀章設計の美術館です。

a0180279_161230.jpg

入口の天井を見上げたところ。

a0180279_166250.jpg

中に入ったところ。

a0180279_1671042.jpg

図録。

a0180279_16104371.jpg

ゴッホの点描画のクリアファイル。

a0180279_1615843.jpg

記念に買ったゴッホのポストカード。

a0180279_16165252.jpg

右上の1枚がスーラーであと3枚はシニャックのポストカード。

a0180279_16174658.jpg


本展覧会はスーラーが開拓しその盟友シニャックが普及させた「分割主義」という

理念とその実践に着目することにより、モダンアートを特徴づけるひとつの類型を

探り出そうという試みです。

出品される25人の画家たちはいずれも、「点で描く」という経験を経たことで

共通しており、タイトルにある「点描の画家たち」とは、これに由来します。
[PR]
by siimama | 2013-10-13 16:42 | 美術館・博物館 | Comments(10)