<< 代官山 蔦谷書店 鎌倉 長谷寺ぶらり散歩 >>

『白洲家の日々』 牧山圭男著

白洲次郎のひとり娘を奪い

”7年の敵”と呼ばれた著者

奇想天外な義理の両親の素顔とその教えなど

秘話満載のエッセイです。




a0180279_17080242.jpg




中には政財界の著名人たちとの交流や

なるほどと思える名言の数々が

紹介されています。




a0180279_17164965.jpg



武相荘をオープンしたての頃は

来場者の七割が中高年の女の方で

しかも白洲正子の著作のファンだったそうです。

そして白洲次郎の写真を見て

「アラ、正子さんのご主人て素敵ね。何をなさっていた方?」

という声がほとんどだったらしい。

私も間違いなく、その中高年の女性の一人ですが・・・

あぁ~、そろそろ鶴川の武相荘を訪れたくなってきました^^



[PR]
by siimama | 2015-06-17 17:32 | | Comments(8)
Commented by ペコちゃん at 2015-06-17 20:58 x
これは読んでみたい本です。
文庫本でしょうか。このごろ単行本は手が痛くて持つのが辛くなってきました。

白洲夫妻に育てられた娘さんはどんな方でしょう。
とても興味があります。まずは図書館で探してみようかな。
素敵な本の紹介ありがとうございました。
Commented by siimama at 2015-06-17 22:17
★ペコちゃんさん
こんばんは~☆
これは文庫本ですよ。
私も最近は文庫本しか買わないんです。
持ち運びにも便利だし、寝る前に読むのにも楽チン^^

娘さんは結構はっきりと物事を言われる方のようですし
お料理が上手で本も出されています。
また、娘さんは正子さんの著作もほとんど読まれないそうです。
次郎さんを扱ったNHKドラマも作り事が多いからと
興味を持たずに見ようともされなかったそうですよ。
是非、読んでみてください♪
コメントありがとうございました(*^^*)
Commented by iomlove at 2015-06-19 00:04
こんにちは。

私はまだこの本を手にしていません・・
昨日 お友達と読んでみたいね!と話していたところです。 紹介をありがとう!!
 読んでみますね!

私が感じて思った娘さんはとっても優しくて
愛情溢れるようなお方だとお見受けしています。
牧山圭男さんはユーモア溢れながらもダンディーと
そう呼んでいます~

次郎さんのカッコ良さに釘付けし
まさか!正子さんの旦那様だったとは後から知ったのです・・素敵な関係だと思っています。

 あーー本屋さんに走らなきゃ。
どちらを先に読んだらいいかな???
Commented by siimama at 2015-06-19 08:22
★iomloveさん
おはようございます♪
次郎さんや正子さんの本でまだ全部読んでいない本があるのに
先日、本屋さんでこの牧山圭男さんの本を見つけ
娘婿からみた白洲家というのに惹き付けられ
興味津々で読みました。
おっしゃる通り、牧山圭男さんはユーモア溢れるダンディーな方のようで
ここまでプライベートなことを書いていいの?というところもあったり・・・
楽しく読ませていただきました^^

是非、本屋さんに行って読んでみてくださいね!

iomloveさんのブログで武相荘のいろいろな顔をみるのを
いつも楽しみにしています♪

ご訪問とコメントありがとうございました(*^^*)
Commented by marinariko64 at 2015-06-19 12:51
まましまさん こんにちは。
今回も 興味深い本を ご紹介していただき
早速 メモ φ(. .)しました!
武相荘 近い将来 行けると良いのですが。
楽しみの一つです。
Commented by siimama at 2015-06-19 14:30
★marikomamaさん
こんにちは~♪
こちらは朝から雨が降って寒いですが
そちらはもっと寒いのでしょうね~。
この本はとっても読みやすかったですよ^^
歴代総理や財界の著名人など交流があった方とのお話も
興味深かったですね♪
機会があれば読んでみてくださいね。
武相荘も素敵な所ですよ^^
コメントありがとうございました(*^^*)
Commented by nagotu3819 at 2015-06-19 22:52
武相荘に、文学散歩の会二千和会で行ってきました。
入口の納屋みたいな建物の壁に大きな白洲次郎の写真が罹っていました。正子さんももちろん感覚も素敵です。
なんとも夫婦喧嘩?意見交換の時は英語でするって言うのが、なるほどねぇ、お二人らしいわと感じ入りました。
正子の書斎もなかなかでしたよね。
Commented by siimama at 2015-06-20 09:07
★そよぎさん
こんにちは~♪
武相荘に文学散歩の会で行かれたんですね♪
私もそよぎさんと同じ感想を持ちました^^
夫婦喧嘩をすると英語になってしまうというのも
面白い話ですね。
たくさんの本が所狭しと置いてある正子の書斎も印象的です。
ご紹介した本、なかなか面白かったですよ。
コメントありがとうございました(*^^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 代官山 蔦谷書店 鎌倉 長谷寺ぶらり散歩 >>