<< 『森鴎外記念館』を訪ねて・・・ 『聘珍樓』で食べた(満春コース) >>

ルーヴル美術館展 @国立新美術館

先日、ルーブル美術館展を観に国立新美術館に行ってきました。

今回は長期間開催されているのに、結構な人出でしたね・・・




a0180279_16525433.jpg



a0180279_16534144.jpg

こちらは買ってきた図録
表紙は待望の初来日、フェルメールの<天文学者>です。


a0180279_17052585.jpg

以下、買ってきたポストカードの一部より・・・


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
<鏡の前の女>


a0180279_17111888.jpg



ジョセフ=マリー・ヴィアン
<アモルを売る女>



a0180279_17164587.jpg


ヘンリー・シングルトン
<ヴァルシュタイン伯爵、姉マティルデとリンドルフ男爵>


a0180279_17195984.jpg


クエンティン・マセイス
<両替商とその妻>



a0180279_17265257.jpg


風俗画の歴史を一望する、初の本格的展覧会。

本展では16世紀初頭から19世紀半ばまでの約3世紀半にわたる

ヨーロッパ風俗画の展開をルーヴル美術館の珠玉の名画

約80点によって紹介しています。

6月1日(月)まで開催していますので

ご興味のある方は是非、足を運んでみては如何でしょうか?



[PR]
by siimama | 2015-04-26 18:01 | 美術館・博物館 | Comments(4)
Commented by BBpinevalley at 2015-04-26 20:36
こんばんは。
ルーブル展の方を観られたのですね。
私は、どちらにしようかしらと迷ったのですが、マグリットを観ました。
マグリットもなかなか良かったですよ。
時間があれば、ルーブルの方も行きたかったですが…
Commented by siimama at 2015-04-26 21:54
★BBpinevalleyさん
こんばんは~☆
ルーブル展を観に行って、初めてマグリット展も
やっていることに気付いたんですが
良く知らなくて~^^;
今、ネットで調べてみたんですがモダンな絵のようですね^^
機会があれば観に行ってみたいです♪
コメント、ありがとうございました(^_-)-☆
Commented by desire_san at 2015-05-21 07:31
私も、東京の新国立美術館で、『ルーヴル美術館展』-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄– を見てきましたので興味深く読ませていただきました。16世紀初頭から19世紀半ばまでの約3世紀半にわたる風俗画の多彩で多様性にあふれる展開が分かり大変良かったと思いました。

私もルーヴル美術館展で鑑賞した風俗画などの絵画の特徴や魅力を整理し、自分なりの見解をまとめてみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。
Commented by siimama at 2015-05-24 01:03
★desire_sanさん
こんばんは~☆
私の拙いブログにご訪問、コメントまでいただきありがとうございます^^
お返事遅くなりましたm(__)m
私は絵画に対して素人のようなものですが
desire_sanさんはお詳しくて展覧会の感想をしっかりと
整理なさっていて尊敬いたします。
また機会をみて後日そちらにもお邪魔させていただきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 『森鴎外記念館』を訪ねて・・・ 『聘珍樓』で食べた(満春コース) >>