<< 梨が届きました~ 「阪急電車」 有川 浩著 >>

オルセー美術館展@国立新美術館


先日、世界一有名な少年に逢いに行ってきました。


a0180279_15494240.jpg

a0180279_15500773.jpg

”印象派の殿堂”として知られるパリ・オルセー美術館から
珠玉の絵画84点が来日しています。


a0180279_15521991.jpg

テーマは”印象派の誕生”。
1874年の第1回印象派展開催から140年。

パリの美術界を騒然とさせた”新しい絵画”の誕生の衝撃が
ここ国立新美術館によみがえっています。

マネにはじまりモネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら
オルセー美術館の”顔”ともいうべき名画が集結していました。


以下ポストカードよりお借りしました。

ジャン=フランソワ・ミレー<晩鐘>

a0180279_15563880.jpg

エドガー・ドガ<バレエの舞台稽古>


a0180279_15573296.jpg

フレデリック・バジール<家族の集い>


a0180279_15582790.jpg

アレクサンドル・カバネル<ヴィーナスの誕生>


a0180279_15593112.jpg

オーギュスト・ルノワール<ダラス夫人>


a0180279_16000950.jpg

ギュスターヴ・カイユボット<床に鉋をかける人々>


a0180279_16010599.jpg

アンリ・ファンタン=ラトゥール<花瓶のキク>


a0180279_16013984.jpg

アルフレッド・シスレー<洪水の中の小船、ポール=マルリー>


a0180279_16022165.jpg

エドゥアール・マネ<笛を吹く少年>

みなさまもよくご存知の世界一有名な少年の登場です。


a0180279_16030189.jpg



この絵は館内でもひときわ輝いていました。
そして思ったよりすごく大きい絵でしたね。


                買ってきた図録

a0180279_16363191.jpg

a0180279_15533971.jpg
国立新美術館(六本木)にて
10月20日まで展示されています。
開館時間10:00~18:00 金曜日は20:00まで
休館日 火曜日
9/23,10/14は開館
9/24は休館

ご興味のあるかたは是非どうぞ♪

[PR]
by siimama | 2014-09-01 17:06 | 美術館・博物館 | Comments(12)
Commented by hamakaeru at 2014-09-01 19:41
こんばんは~☆彡
情報ありがとうございます!
素晴らしい絵画の数々・・・良い時間を過ごされましたね~♪
パリは5回ほど行き数ある美術館をいろいろ巡りましたが
ルーブルは3回行きましたのにオルセーは次回の楽しみに取っておこうと
結局一度も行けずじまいです(涙)
是非国立新美術館に行って来ます・・・

「off&on]近くのお店に行ってみました!
ありました\(^o^)/嬉しくて早速買いました!有難うございました♪
ブログにアップしていいでしょうか?


Commented by siimama at 2014-09-01 22:12
★かえるさん
こんばんは~☆
かえるさん、何度もパリに行かれているなんて
羨ましいですわ~♪
私はまだ一度も行っていないんですよ~(泣)
なので、せめて・・・ということで美術展にはなるべく
足を運ぶようにしています^^

「off&on」のお店に行かれたんですね♪
見つかって良かったです・・・嬉
喜んでいただけて良かったです(*^^)v
どうぞブログにアップなさってください。
かえるさんのお洒落な使い方にも興味ありますから・・・(*^_^*)
Commented by iris304 at 2014-09-02 06:40
おはようございます。

私はこの有名な少年の絵 
今まで一度も目にした事がありません。
どの位の大きさなのでしょうね〜
このオルセー美術館 子供達が小さい頃
バタバタと駆け足だで見て回りました。

ご紹介頂いたポストカードの中で気になるのが
カイユボットの鉋をかける人々
ドイツの家も
こうして鉋を掛けてリノビールングしてもらったなあと
懐かしく思い出しました。
日本とは全く違うのでビックリしたものです。
カイユボットは大好きな画家で シカゴ美術館で
憧れだった『Paris Street, Rainy Day』を見て
感激しました。
とても大きな絵で見応えがありましたが
この絵も大きいのでしょうか?見てみたいです。
今年の寒い頃 日本橋にカイユボット展見に行って
この美術展がとっても素晴らしかったです。
シカゴ美術館の記事 UPしていますので
ご興味がありましたらご覧に頂けると嬉しいです❤

世田谷美術館、行く予定なのですが 
何だか時間が迫ってきてしまいあせっています。
行く事が出来ましたら UPしたいと思います。
楽しい美術館巡りありがとうございましたm(・・)m
Commented by siimama at 2014-09-02 14:38
★あいりすさん
こんにちは♪
あいりすさんのシカゴ美術館の記事見てきました。
カイユボットのあの絵は素晴らしいですね♪
以前、どこかで見たような気がしますが
日本には来たことあるのでしょうかね~
しかもすっごく大きいですね!
<床に鉋をかける人々>は102×147です。
実際にドイツで体験されているなんてすごいですね@@
日本橋でのカイユボット展、気が付かなくて残念でした~

世田谷美術館に行かれるのですね^^
あちらこちらでポスターを見て、気になっていました・・・
私も行けたら行きたいところですが・・・
確か15日までですよね~

それから、あの少年の絵は160,5×97です。
想像では小さい少年のイメージだったものですから
意外な大きさにチョッピリ驚きました~(*_*)
Commented by momopororon at 2014-09-02 23:07
こんばんは。
東京は、やっぱりいいですね〜
仙台は、本当に田舎だなぁと
こんな時、残念に思います。
この少年の絵画
こんなに大きなものなんですね。
私も、びっくりでした。
ありがとうございます。(o^^o)
Commented by ペコちゃん at 2014-09-03 09:45 x
蓼科だったかな・・・もう20年も前でうろ覚えですが、大好きなマリーローランサンの美術館に一度だけ。名古屋まで1時間くらいかけていけばいいのですが、まだ今の私では無理なので、画集などを眺めています。バレエの舞台稽古の色と雰囲気が好きです。
Commented by siimama at 2014-09-03 15:28
★momoさん
こんにちは♪
いえいえ、仙台には仙台の良さがありますよ~
隣の芝生は青く見えるんですよ~笑
この少年の絵、教科書に載っていましたよね。
実物は想像以上の大きさで驚きました~@@
Commented by siimama at 2014-09-03 15:45
★ペコちゃん
こんにちは♪
マリーローランサンの絵、素敵ですよね!
まだ、実物を見に行ったことないですが
いつか、見に行きたいです♪
私も、美術館に行くようになったのはここ数年でしょうかね~
できるだけ、本物を見ておこうというだけのことですが・・・
<バレエの舞台稽古>の絵、気に入っていただけて嬉しいです^^
Commented by liberty-es at 2014-09-04 21:38
こんばんは♪
オルセー美術館展、行きたいなーと前々から思いながら、
なかなか行けそうもありません。
国立新美術館もまだ一度も行ったことがないのです。
東京はいろいろあって本当にうらやましいです。
もっと近くだったらいいのにな~^^
私の中でも笛を吹く少年の作品は小さめを想像していました。
大きいんですね!
Commented by siimama at 2014-09-05 16:59
★libertyさん
こんにちは♪
オルセー美術館展はそちらの方では展示されないでしょうか・・・?
近くで見れると良いですね♪
国立新美術館は黒川紀章設計の最後の美術館なんですよ。
結構広いので、いつも同時にいくつかの展覧会が開催されています。
<笛を吹く少年>私も少年のイメージから小さな絵を想像していて・・・
ドーンと大きくて圧倒されました(*^_^*)
Commented by desire_san at 2014-10-13 12:53
こんにちは
私も「オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由」を見てきましたので、興味深く読ませていただきました。14年ぶりの来日したマネの「笛を吹く少年」とミレーの「晩鐘」、それにホイッスラーの「灰色と黒のアレンジメント-母の肖像」には感激しました。印象派絵画の代表作が一つの部屋ん並び、モネ、シスレー、ルノワール、セザンヌに画家の個性理解できたのも良かったと思います。印象派以外にも優れた作品が来日していて充実した美術展で満足しました。
私はこの美術展を観た機会に、マネの美術、写実主義(クールベ)と自然主義(ミレー)、二つのリアリズの違い、印象派とは別の道を歩んだ同同時代の画家について整理し、自分なりの見方も書いてみました。よろしかったらご一読いだき、ご感想、ご意見などコメントいただけると感謝致します。
Commented by siimama at 2014-10-14 17:24
★desire_sanさん
こんにちは♪
私は絵画に特に詳しくもなく、音声ガイドを聴きながら
勉強している初心者なんですよ。
この絵は好きだなぁ~とか、この画家に興味があるなぁ~
というくらいのものなんです・・・^^;
desire_sanさんは絵画にとても詳しくて、いろいろと整理されていて
こちらこそ勉強になります。
また、お邪魔させていただきます。
ご訪問&コメントをありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 梨が届きました~ 「阪急電車」 有川 浩著 >>